ブログ

杉錦のにごり酒

にごり酒2019BY

  今年は12月に新酒のにごり酒を発売いたします。新酒らしい香りと味わいのある辛口純米酒で、割水、一回火入れで常温流通が可能です。+9程度の辛口でアルコールは14%程度の予定です。にごり酒も甘口、辛口、原酒、生酒などいろいろなスペックが可能ですが、食中酒として考えた場合 割水、火入で引締まった味がベストだと考えてこの形にしました。

 

 にごり酒は米のかけらが酒に残っている事から舌のうえにざらついた物理的な感触があります。それが同じく物理的な感触である辛味のある料理と相性が良いようです。普通は日本酒と合わせる事は考えないカレーや辛いマーボ豆腐のような料理と合わせておいしく飲めます。辛いお料理以外では基本的に味は濃いめでコクのある味わいやクリーミーなものとの相性が良さそうです。昨年フランスで開催された日本酒コンテスト「蔵マスター」の審査には「にごり酒」部門がありました。トップ2に選ばれたお酒をシャングリラホテルで味わう機会がありましたが、現地のソムリエはチョコレートソースのデザートに合わせて辛口のにごり酒を出しました。デザートの甘味を和らげるように調和しておいしかったです。

 

 醸造学の坂口謹一郎先生の著書「古酒 新酒」だったと思いますがにごり酒にふれているところがあります。 この本は日本酒の味が現代のように多様化していなかった1970年代の本ですが、日本酒の在り方の一つとしてにごり酒の可能性を提案していました。そして味噌汁を濾過し澄まして飲んでみるとなんとも物足りない味になってしまったという実験が紹介してあります。味噌汁でもにごり酒でも液体の中にある粒子が味覚の一部として味わいに重要な働きをしているという実例です。

キムチ鍋やおでんとお楽しみください。

 

山廃純米 にごり酒 原料米 誉富士70%精米  日本酒度+12 酸度1.3

 協会701号酵母 アルコール 14.2% 

 希望小売価格 3,080円/1.8ℓ   1,540円/0.72ℓ  

                  (0.72ℓは完売いたしました。12月9日)

 

 

 

投稿日時:2019年12月3日(火)│
ENTRY
ARCHIVE