ブログ

生もと・山廃造りはなぜ少数派になったのか?2

 生もと・山廃造りが少数派になっていった理由の一つは淡麗で若く吟醸香のある酒を最もよしとする市場でその味わいが評価されなっかた事に加え、酒を造る蔵にとって生酛・山廃造りは、速醸より手間ひまが掛かり...(続きを読む)

投稿日時:2015年12月14日(月)│

生酛・山廃はなぜ少数派になったのか?

 明治時代に国税局技官の江田鎌治郎によって速醸酒母が発明されるまでは、日本中の酒は生酛、山廃酛、菩提酛で造られていました。大正十年発刊の江田鎌治郎の「杜氏醸造要訣」や大正十一年発刊の日本醸造協会近...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月27日(金)│

生酛純米原酒 きんの介 2015BY発売

 今年の「きんの介」が発売になりました。今年は例年より半月遅れの発売です。 毎年、その年の一番最初の仕込に杜氏の名前を冠して「きんの介」として発売しています。自分の名前をつけるのは気恥ずかし...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月26日(木)│

一号モロミ 生酛純米きんの介 上槽

 今年の一号もろみは酛が湧き遅れたり、もろみの醗酵がゆっくりだったりして例年より上槽が半月遅れてしまいました。やっと搾りが始まりました。  先に書いたように野生酵母が入ったので醗酵ペースがゆっく...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月20日(金)│

山廃・生酛造り と野生酵母

 今年の造り始めの生酛は例年より野生酵母がたくさん入ったみたいです。野生酵母が入るとモロミの表面に「蓋」ができるので一目瞭然にわかります。  現代の酒造りでは速醸造りでも山廃・生酛造りでも純粋培...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月11日(水)│

平成27年名古屋国税局酒類鑑評会 優等賞 受賞しました

                      平成27年秋の名古屋国税局主催の酒類鑑評会の「吟醸部門」と「純米部門」で優等賞を受賞しました。「本醸造部門」は落選でした。 「吟醸部門」は全国の新...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月11日(水)│

今年最初の生酛が湧きつきました。

 杉井酒造では毎年 最初の仕込みから生酛を立てています。この時期は気温が高いので5度cの冷蔵庫の中で育てます。普通は生酛を立てる蔵でも速醸酛から始める事が多いようですが、造り始めのこの時期は仕...(続きを読む)

投稿日時:2015年10月9日(金)│

山廃純米天保十三年 酒造年度切り替え

  9月24日頃出荷分より 天保十三年の醸造年度が2013BYより2014BYにかわりました。(1.8㍑、0.72㍑)今年は例年より早めの切り替えになりました。  天保十三年はビン貯蔵で敢え...(続きを読む)

投稿日時:2015年9月25日(金)│

9月1日より一部商品の値上げをいたしました。

 9月1日より下記の商品の値上げをいたしました。この度 値上げをした商品は以下のとおりです。 商     品 容 量 8% 税込希望小売価格(円) 山廃 本醸造 ...(続きを読む)

投稿日時:2015年9月19日(土)│

2015BY酒造り始めました。

 2015BYの酒造りを始めました。9月2日に今年の最初の酛麹米を蒸し上げて今年の酒造りをスタートしました。9月18日までに酒母3本を立てました。例年この時期は新米の入手は難しいので冷蔵庫で保管し...(続きを読む)

投稿日時:2015年9月18日(金)│

ENTRY
ARCHIVE