ブログ

山廃純米酒に挑戦

 - 山廃酒母とは -  全国的に、山廃酒母や生もとで造った酒が少しずつ増えているようです。酒造りの最初の工程として、酵母を増殖させる酒母(もと)は現在ほとんど速醸酒母といって仕込みの時、乳酸を...(続きを読む)

投稿日時:2003年6月30日(月)│

静岡県清酒鑑評会

 今年の静岡県清酒鑑評会は、昨年と同じ審査方針と方法で行われました。審査員を努められた松崎晴男さんによりますと、上位4社の酒で競った決審は、大変な接戦でなかなか優劣をつける事ができなかったとの事で...(続きを読む)

投稿日時:2003年6月30日(月)│

静岡山田錦で純米吟醸に挑戦

 全国的に、山田錦を各地で栽培するようになっています。静岡県JA大井川にも、焼津地域酒米研究会という組織が数年前にできました。会員農家の方は現在10名で、今年の作付けは山田錦935a、五百万石62...(続きを読む)

投稿日時:2003年6月30日(月)│

全国新酒鑑評会

 今年も5月27日に、広島の全国新酒鑑評会の一般公開へ行ってきました。前にも書いたとおり、全国新酒鑑評会で金賞を受賞する酒の大多数が、カプロン酸エチルという香りの成分が非常に強いため、華やかですが...(続きを読む)

投稿日時:2003年5月31日(土)│

鑑評会の話(全国鑑評会について)

 全国新酒鑑評会で 金賞 受賞しました。  酒類総合研究所主催の、「平成14酒造年度全国新酒鑑評会」の結果が、5月下旬に発表になりました。昨年の入賞にひき続き今年は、[金賞] を受賞する事ができ...(続きを読む)

投稿日時:2002年5月31日(金)│

鑑評会の話(静岡県鑑評会について)

 3月13日に静岡県の清酒鑑評会が沼津工業技術センターでおこなわれました。 静岡県の清酒鑑評会は他県で開催されるものと較べ審査に特徴がありますのでそこからお話します。 特徴1審査方法: 一...(続きを読む)

投稿日時:2002年4月1日(月)│

1 3 4 5 6 7 8
ENTRY
ARCHIVE