ブログ

「鑑評会」の記事を表示

平成29年静岡県新酒鑑評会「吟醸酒」、「純米吟醸酒」両部門で第一位県知事賞を頂きました。

 酒造りはいろいろ思いどうりにいかなくて、苦しい事もあるのですが、応援してくださる皆様を裏切らないよう頑張って造っていると、時には思いがけなくいい事もあるというのが今の気持ちです。杉錦を応援してく...(続きを読む)

投稿日時:2017年3月14日(火)│

平成27年名古屋国税局酒類鑑評会 優等賞 受賞しました

                      平成27年秋の名古屋国税局主催の酒類鑑評会の「吟醸部門」と「純米部門」で優等賞を受賞しました。「本醸造部門」は落選でした。 「吟醸部門」は全国の新...(続きを読む)

投稿日時:2015年11月11日(水)│

祝!平成26年度全国新酒鑑評会入賞

独立行政法人酒類総合研究所にて行われました平成26年度全国新酒鑑評会において入賞いたしました。  全国新酒鑑評会は清酒の品評会として最も権威のある会として業界で認識されています。そこに出品さ...(続きを読む)

投稿日時:2015年5月23日(土)│

全国新酒鑑評会(2004年度)

 広島で行われました全国新酒鑑評会で「金賞」を受賞することが出来ました。これで3年連続の金賞受賞、入賞は4年連続となりました。  現在の全国鑑評会入賞酒の主流を占めるカプロン酸エチルの香り主体の酵...(続きを読む)

投稿日時:2004年5月31日(月)│

静岡県清酒鑑評会(2004年度)

 審査の4日前に「杜氏持ち寄り会」といって全蔵ではないのですが、県内の蔵元から杜氏さん達が出品予定の酒を持ち寄り審査をして、本番の鑑評会の参考にする会がありました。この時は吟醸部門に出した酒が15...(続きを読む)

投稿日時:2004年5月31日(月)│

静岡県清酒鑑評会

 今年の静岡県清酒鑑評会は、昨年と同じ審査方針と方法で行われました。審査員を努められた松崎晴男さんによりますと、上位4社の酒で競った決審は、大変な接戦でなかなか優劣をつける事ができなかったとの事で...(続きを読む)

投稿日時:2003年6月30日(月)│

全国新酒鑑評会

 今年も5月27日に、広島の全国新酒鑑評会の一般公開へ行ってきました。前にも書いたとおり、全国新酒鑑評会で金賞を受賞する酒の大多数が、カプロン酸エチルという香りの成分が非常に強いため、華やかですが...(続きを読む)

投稿日時:2003年5月31日(土)│

鑑評会の話(全国鑑評会について)

 全国新酒鑑評会で 金賞 受賞しました。  酒類総合研究所主催の、「平成14酒造年度全国新酒鑑評会」の結果が、5月下旬に発表になりました。昨年の入賞にひき続き今年は、[金賞] を受賞する事ができ...(続きを読む)

投稿日時:2002年5月31日(金)│

鑑評会の話(静岡県鑑評会について)

 3月13日に静岡県の清酒鑑評会が沼津工業技術センターでおこなわれました。 静岡県の清酒鑑評会は他県で開催されるものと較べ審査に特徴がありますのでそこからお話します。 特徴1審査方法: 一...(続きを読む)

投稿日時:2002年4月1日(月)│

ENTRY
ARCHIVE